載ってない物件がある可能性

ネットには多くの物件情報が記載されていますが、その不動産が抱えている物件というのはそれだけではありません。
その物件の売主がネットに掲載するのを拒めば載ることはありません。
オススメ物件特集であっても、売主がやめてくれと言えば載せません。
では、そういう物件とめぐり合うにはどうしたら良いのか。

それはもう直接不動産へ行き尋ねるしかありません。
不動産から「無い」と言われてしまったらそれまでなので、ネットでいくつか候補を決めてから行った方が良いでしょう。
ただ、その隠し物件があなたにとって良いものかどうかは保証できません。
あくまで可能性の問題です。

すべてを知った上で決めたいというのであれば尋ねてみても良いかと思います。

ネットで物件を紹介している不動産の中には更新が行われていない事もあります。
とっくに人が決まっているのにそれを明記せず、いつまでもオススメ物件特集に載っているという感じです。
気になる物件がありましたら直接電話をしてみると良いでしょう。
メールなんかではいつ返って来るかも分かりませんし、すぐに確認したい場合は電話がベストです。

もうすでに住む場所が決まっているのであれば直接地元の不動産へ行くのもありです。
回れる物件は時間の都合上限られてしまいますが、ネットには無い物件が見れるかもしれません。
おそらくいないと思いますが、ネットだけで決めるというのだけはやめましょう。
旅館やホテルなどに宿泊する場合はネットで判断するしかありませんが、これから住もうとしているところは住む場所です。
生活する場所である以上、安易な決め方はNGです。
写真うつりは良いはずです。プロのカメラマンが広く見えるように撮影しているのでそう見えるのは当たり前。
どれだけ面倒でも直接行って部屋の中を見て、周囲を少し歩いてみてからでも遅くはありません。

また大手の不動産か地元に根付いた不動産かで選べる物件が変わってくる事も忘れてはいけない重要なことです。

欲しい物件を逃さないために

都市開発が進み、住みやすい街として注目されています大阪府茨木市。
都会と自然が両立したベットタウンとして人気を集めています。
その中で住みやすい物件を探すとなると、必然的に早い者勝ちになってきます。
つい数日前に決まってしまったんですよ、と言われないためにも情報はこまめに集めておくのが良いと思います。

人気のある物件は埋まるのも早いです。
なぜそんなに早く見つけ出せるのか、それはこまめに情報収集を行っているからでしょう。
しかもかなり早い段階から始めています。
命運を分けるのはどれだけ早く情報をキャッチして、チェックし続けられるかだと思います。
とは言っても自分が求める物件が、ほかの人の求める物件と合致するのかというとそうでもありません。
が、譲れない部分というのはそう大差が無いはずです。
譲れない部分と住みやすい環境が合わさった物件が人気、というだけです。
特に新築で家賃などが安い場合、取り合いになるでしょう。
多少不便な場所に建っていたとしても、家賃などで決めると思います。

これは新築物件、中古物件でも同じ事が言えます。
人気がある物件はすぐに埋まり、人気の無い物件はいつまでも残っています。
不動産はその空家をなくすために価格を下げ、人を呼び込みます。
買う側からしてみたら狙いの物件を安く獲得する正念場とも言えます。
不動産やも一気に価格は下げません。徐々に少しずつ下げていくかと思います。
オークションみたいな感覚ではありますが、家の購入は一生に一度の大きな買い物です。
どうしても逃したくない物件を見つけたのであれば早めに購入を考え、様子をみたいのであればチャンスを伺いましょう。
しかし上記のやり方は土地の価値が落ち着いている場所にしか通用しないかもしれません。

茨木市のようなこれから売れる事が予見されているような土地では早めの検討が求められます。
多少価格が高くても、購入しない人は逃したくないため決断も早いです。

不動産でのお部屋探しポイント

物件選びのコツとしてあるのは求める必須条件とそうでもないけど求める条件というものを書き出すことです。
分かりやすく言えば譲れる部分と譲れない部分の整理です。
すべての条件を持っている物件というのはそうありません。それだけ条件があると選べる選択肢を狭めている事に他ならないのです。
どこかしらで妥協しないと部屋を探すというのは厳しいものになると思います。
なので譲れない条件、譲れる条件というものが必要になってくるのです。

家賃だけは譲れないというのであれば、その部分を考えて他の条件を緩める必要が出てきます。
大体2つか3つぐらいが限度ではないでしょうか。
あとはそこから選んで行くしかありません。
それで見つからないのであればその譲れない条件を削って行くしかなくなります。
自分が望む物件がそのままぽんっと目の前に出てくれば良いですが、そういうことって滅多にないですよね?

不動産へ行くときは多少わがままを言っても良いと思います。
先程の述べたのはどうしても見つからない場合です。
不動産で希望の条件を言ったら出てくる場合もありますので、とりあえずは言ってみるところから始めましょう。
ほとんど空いてないと思いますけど言うだけならタダです。
そこから自分が妥協して行けば、比較的近い物件に巡り合えるかもしれません。

その後はまず必ず下見に行きましょう。
間取り図を見ただけでは絶対に分からない部分が出てくると思います。それに見るのと聞くのとではかなり違ってくるはずです。

不動産へ行った時のポイントは2つ。
まず自分の希望条件をすべて伝えること、部屋の下見は絶対にすること、です。
あとは自分の希望に近い物件を選べば良いだけ。
住む場所がある程度決まっているのであれば大手の不動産ではなく、地元の不動産を選ぶことです。
そっちの方がより詳しい物件を取り扱っていたりするので尋ねてみると良いかもしれません。
大手に無い地元のコネというものがあります。

慎重に迷って決めましょう

住宅購入は、あなたにとって人生にそう何度も無い大きなお買い物です。
なので、一度購入してしまうと後で簡単には引けない、というのが普通だと思います。
今の経済状況では値崩れはあっても、値上がりがほとんど期待できない状態です。なので買い替えや売却のときは、購入した時以上の資産損失になるかと思います。

先のことなんて誰にも分かりません。
この経済の事もそうですし、あなたのご家族のことでしたり、誰にも分からないのが現在の日本の状態です。
良くはなるかもしれませんが、それがいつまで続くのか、これ以上に悪くなることだって考えられます。
なので、住宅を購入するときは慎重に迷って下さい。

また根本的な部分から考え直すのも良いと思います。

自分は本当を新しく購入する必要があるのか、どうかです。
またそれが新築である理由は何でしょうか? 中古で購入する理由は何ですか? などの問いに明確に答える事ができる。
最低このぐらいは言えないと厳しい事になるかと思います。
また戸建である必要がどこにあるのか、マンションでなくては駄目な理由はどこなのか、経済的な問題もあるかと思います。
経済的な問題は欠かせませんが、一度それ抜きで考えてみても良いかもしれません。

買うな、とは言っていません。重要なのはその多額の資金を使って買うだけの価値をお持ちかどうか、ということです。
多くの新築に限らず、中古なども含めて見てまわればその理由も見えてくるかと思います。

果たしてこれから何が必要になってくるのか、目の前の住みやすさも大切ではありますが長い目で見た方が良いお買い物ができるはずです。
そこに一週間だけ住むわけではありません。これから何年、何十年と同じ場所に住むわけです。
それに見合った場所が、自分にふさわしい場所があるのか、十分に検討してから決めても遅くはないでしょう。

充実した住宅購入をしてください。買ったらレシート持って行けば返品できる、というものでもありませんから。

中古住宅を購入する理由

中古住宅最大の魅力となれば価格によるメリットでしょう。
実際国土交通省の調査によれば、新築購入者の資金平均額は注文住宅が3614万円、分譲住宅では3597万円。その価格に対し、中古住宅の平均は2192万円になっています。
およそ、1000万円近くの金額が違ってきます。

中古物件の方が安いのは明白です。
では、中古物件を購入する人はただその住宅を購入して住もうとしているのか。
いいえ、それは違います。中古で住宅を購入した人のほとんどはリフォームを視野に入れています。
一般的なリフォームの相場は、その広さや何をするかにもよりますが500~700万円が相場となっています。
大規模なリフォームをして外装や内装、中の設備を新築並みに一新した場合でも、新築の8割程度の価格で適うのです。
改築のみであればその額で済む事が多いですが、増築となりますと新築を考えた方が良いかもしれません。

不動産のホームページなどに掲載されているオススメ物件特集にある中古物件などを見つける人も多いです。
新築と大きな違いは、もうすでにその家が建っている状態ということにあります。
その方がリフォーム後のイメージがしやすいのと、良い部分は残して、あとは好きに改装できるというのが最大の利点です。
またすでに家が建っているので、新築を購入するときみたいに土地を探さなくて済む、というのもあります。
土地を探すって結構難しくて大変なんですよね。

しかし、リフォームで築年数を戻す事はできません。
またそのリフォームした先、その家を売買しようとしたとき価値があるかは不透明な部分もあります。
一生ここで過ごすと決めても何かしらの事情で手放す事になるかも、という可能性もゼロではありません。

新築物件であればその点はいくらか安心できます。
そうしたメリットを各自で、価格に見合った価値を得られるかどうかを考えてみてください。
双方とも安いお買い物ではないので慎重な判断が必要になってくるかと思います。

今ではネットで済んでしまいます

不動産のホームページなどにはよくオススメ物件特集というコーナーが設けられています。
それぞれこの条件で部屋を探す人が多い事踏まえた条件別で紹介されていたりします。
中にはペットと一緒に住む事のできる物件も紹介しているサイトもあります。

そこにある情報が絶対ではありませんが、参考程度に利用するのであれば十分過ぎる程の便利なコーナーです。
昔は直接不動産へ行き、分厚い資料を一枚一枚めくって調べたものですが、今ではネットで済んでしまいます。

オススメ物件特集の中から物件を限定して行き、後で直接物件を覗いてみるというのが良い流れでしょう。
ネットだけで決めてしまうのは部屋の中にしか分かりません。
住むためには近くに何があって、必要な施設などまでにはどのくらいの時間が掛かるのか、というのは実際に行ってみないと分かりません。
几帳面な人は直接その物件へ行き、時計片手に歩いて掛かった時間を詳細に調べる人もいます。
だいたい徒歩で5分といっても、10分以上掛かってしまい、坂道ばかりかもしれません。
そう言った情報はネットでは知りえない情報です。
せいぜい記載されているのはコンビニまで徒歩何分、ぐらいかと思われます。

さすがにオススメ物件特集で近くに坂道が無い物件と検索しても出てくる事はないでしょう。
検索できるのはあくまでその物件の条件だけであって、部屋のある場所、家のある土地の事まではさすがに検索はできません。

しかし、気になった物件を片っ端から見て回るのは結構な時間を要します。
なのでネットである程度物件を絞り込み、あとはあなた自身のスケジュールに合わせて見て回ってください。

現段階ではインターネットだけで決めるのは難しいでしょう。
余りある情報を絞り込むためには重宝しますが、やはり決めるのは直接不動産へ出向き物件を自分の目で見ることになるでしょう。
また、住む場所がもうすでに決まっているのであればその街にある不動産へ直接行ってたずねてみると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ